栄光ゼミナール難関講座

中学受験、特に難関中学の入試問題は、難問だらけと言う事になります。

そう考えてみると、前回もお話ししましたが中学受験するためには難問は避けて通れないわけです。

中学受験の進学塾では様々な難問対策を行っているわけですが、
今回は栄光ゼミナールの中学受験難問対策について調べてみました。

中学受験では志望校対策が重要と言われていますが、
難問に関してもそれぞれの学校で特色があるのです。

栄光ゼミナールでは難関校合格のために、それぞれに必要な力を身につけられるよう、環境、教材、教師を用意し、入試で最大限の力が発揮できるよう周到な計画を立てています。
栄光ゼミナールの「難関私国立中入試対策コース」の場合、
小5の秋から本格的にスタートしますが、「認定制度」で選ばれた生徒のみが受講できる事になっています。

普段の通常授業にプラスαするコースで、難関中の入試問題に対応できる力をつけるための学習を行います。
このコースは年間を通してゼミや合宿が予定されていますが、
そこに参加するには指定されたテストで基準の成績をクリアする事が必要となります。

対象としている難関中学は、「御三家コース」で開成・麻布・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉、
「難関中学コース」は駒場東邦・栄光学園・フェリス・海城・巣鴨・聖光学院・浅野・渋谷学園幕張・浦和明の星・豊島岡女子・早稲田・早稲田実業・青山学院・慶應系中学となっています。

各学校の出題傾向を分析研究し作成したオリジナル教材を中心にこのコースの講座が進められると言う事です。

「中学受験の難問対策」

 
一般的に入試の時には合格できれば良いわけなので、
難問に時間をかけるよりも、「解ける問題をまず確実に!」と言う事が重要と言われますが、中学受験の場合は違います。

特に難関中と言われる中学の入試問題は、難問を避けたら問題は無くなってしまうのではないかと思われるほど難問だらけなのです。

中学受験界では、難問を解かせる事によって子どもの様々な能力を見極めているわけです。

もちろん、実際の入試になれば難問だからと言って一つ一つの問題に時間をかけすぎていたのでは時間が足りなくなり合格できないなんて事にもなり兼ねませんから、入試で正確にしかも速く解答できる様に訓練が必要でしょう。

 

では、中学受験ではどのような対策が必要なのでしょうか。

中学受験では思考力が重要と言われていますが、
中学側としては思考力や表現力が必要な問題を出すと言う事は、
思考力のある生徒を求めていると共に生徒の思考力を育てたいという思いもあるのです。

そのため、最近の中学受験専門進学塾での指導は、低学年で特に基礎のしっかりとした理解「考える」と言う事に重点をおいています。
高学年になった時、例えば6年生の時点で、知識がより多い生徒よりも思考力があり難しい問題でも考え方はわかると言った生徒の方が入試までの伸びしろが大きいと言います。

中学受験の難問対策は必須と心得て、まずは低学年の内にしっかりとした基礎の理解、根本原理の理解をする事が重要です。

 

「駒場東邦の国語」

新年明けましておめでとうございます。

1月になり入試が始まっている人も多いと思いますが、
この時期には益々志望校別対策が重要になって来ます。

中学受験は難問が多いと言われており、特にどこの中学も算数は難問だらけと言われています。

しかし、実はその難問だらけの入試問題の中でも、各学校によって特徴があるのです。

それも中学受験は志望校別対策が重要と言われる所以ですが、
例えば同じ算数の入試問題でも、理系に進む傾向の強い中学校では特に難問が増えるのです。

また、中学受験でも難関校は全体的に記述式が多い事で知られていますが、
記述重視と言う事は国語が難問になる可能性も高いのです。

中学受験の男子難関校の中で国語が難問と言われているのが駒場東邦です。
麻布や全体的に記述式の多い筑駒も難しいと言われていますが、駒場東邦は長文1問だけの出題で、その長文が長く読むだけでも大変と言われています。
四谷大塚の調べによれば男子校の平均が5500文字なのに対し、
駒場東邦は8000文字を超える長文になっていると言う事で、
「中学受験は算数じゃないの?」と言いたくなるくらい難しいそうです。

物語文が頻出で、ここ何年かは物語文が出題されています。

テーマは頻出の家族・友人などの内容がとりあげられている事が多く、人物設定や環境設定で取り組みづらい要素が含まれていると言う事もあり、
普段から古典の文章も含め様々な物語文に触れ、多様な人間関係を把握しておく必要があるそうです。

「Z会 難問対策」

 

今回は中学受験の難問対策について考えてみたいと思います。

中学受験の進学塾でも、今の時期志望校別対策や各中学校に応じた問題対策が盛んに行われている事でしょう。

難問と言えば、先月Z会の「超難問コロシアム」の決勝が開催されました。
優勝は筑波大学附属駒場高校で、決勝には東大寺学園高校、洛北高校と名だたる難関校が残っていました。

決勝に残ったこれら3校は中学受験でも有名な学校です。
こういった人たちは、難問を解く事自体が趣味なのでしょうか(笑)

「超難問コロシアム」と言うのはZ会が主催する学力NO.1を決めるコンテストで、
出題される問題はZ会が考える良問で、極めて難度の高い問題なのです。

さて、今回はそのZ会の中学受験難問対策について見てみましょう。

中学受験する小学生の通信教育の「中学受験コース6年生 受験重点演習」の中の算数講座に「立体図形難問対策」「平面図形難問対策」があります。

講座名に「難問」とついているのですからすごいですね。

国語には「超長文対策」と言う講座もあるようですよ。

「立体図形難問対策」は、立体の切断、立方体の積み上げ、光をあてた時の影の様子など、立体を多角的に捉える力がないと歯が立たないような立体図形の難問対策を行います。

立体図形の問題は立体に対する感覚をつかむ事が不可欠で、
演習を重ねる事によってその力を身につけて行くと言います。

この講座で扱う内容が出題されやすいのは「渋谷教育学園幕張」「海城」「開成」「灘」等の難関中です。

 

「本当の算数力には?」

 

今回は「はしもと式『本当の算数力』が身に付く問題集」をご紹介します。

数々の中学受験の塾講師をつとめ、現在はアビット進学指導会の学院長の橋本和彦氏による本です。

この本は「基本の理論→例題→実践問題」と言う形で、
中学受験の難問が基礎からわかるようになる本です。
中学受験の難問を学ぶ時、根本理論からと言いますが、
実際に難問を解く時は例題を解いて同じ方法で問題集をこなすと言うパターンが多いと思いますが、これでは算数の難問が解けるようにはならないのです。

小学校などで繰り返しドリルを何度もやりますが、
計算のスピードが上がっている子どもでも中学受験の難問になると解けないと言うのはそういった理由からです。

そのために塾通いをする人が多いのもそのためです。
中学受験の進学塾では算数の指導は根本理解から始めます。
ただ、一般の進学塾では進みが速いところが多くついて行けないと言う人も多いようで、
個別指導塾や家庭教師は根本理解を徹底的に行うわけです。

さて、橋本氏はこういった個別指導塾のなかで、
根本理解から例題、そして実践問題と言う方法を考え、
それが問題集になった形の本がこの「はしもと式『本当の算数力』が身に付く問題集」です。

算数の難問につまずいた時、家庭で子どもと一緒に考えるのにも役立つ本となるのではないでしょうか。

「三角形、四角形、円の基本」「割合と比をもとになる量を基本に考える」「図形と面積比は補助線で明快になる」と言った内容が書かれています。

 

「難問を解くスピード!」

中学受験では難問が多いと言われますが、どのような学習法が有効なのでしょうか。

中学受験まであと3ヶ月です。

この時期からは追い込み学習に入るわけですが、
やはり、過去問演習が功を奏すと言われています。

中学受験で今まで出されて来た難問を解く事、
難問であっても制限時間内に合格解答を書けるようにすると言う事が重要なのです。
中学受験、特に難関校の入試問題はどれも難問です。
どれから手を付けて良いのか初めはわからないかもしれません。

ただ、この時期になって何とか難問もクリアできるレベルになっているはずです。

問題なのは、苦手科目がある、解けるのだが解答するのに時間がかかるという事ではないでしょうか。

まず苦手科目や単元があると言う事は、中学受験では大きな問題となります。
得意科目があっても、合格者のレベルの差は少なく、苦手科目を得意科目で穴埋めする事はなかなか難しいのです。
それよりも苦手科目を平均レベルにする方がずっと現実的でしょう。
しかも、90点を100点にする方が、50点を60点にするよりずっと簡単な事はおわかりでしょう。
次に、難問を解くために時間がかかってしまい、制限時間内に問題を解き終える事ができないと言う人もいるでしょう。

その場合は、問題をみてどうやって解いていくかの目安を付けられるようになる事も重要です。

算数の場合なら与えられた条件をもとに解法の糸口をみつける、
そして条件整理こそ過去問演習などのトレーニングが効果的なのです。

今からでもやれる事は色々あります。

これからの時期は難問を早く解くためにどうするかという勉強が必要です。

「百聞は一見に如かず」

 
9月になりましたね。
夏休みに過去問演習をやった人も多いと思いますが、
中学受験では、難問に苦しんだ人も多いと思います。

難問はとっかかりは難しいのですが、理解すれば実は難問ではなくなりますね。

そのため、中学受験の問題は現役大学生でも難しい問題がでるのに、
小学生が簡単に解いていると言う状況になっているわけです。

ただ実際には中学受験の勉強をしている小学生の中にも難問に苦しんでいる人も多いのです。
では、難問はどうやって理解して行けば良いのでしょうか。

何か良い方法はないのでしょうか。
ポイントは中学受験をする子ども達は小学生だと言う事です。

この前、「動画で学ぶ 中学受験の理科」というブログをみつけました。
このブログの中に中学受験の難問を解くカギがあるのです。

このブログでは、実験と授業を融合させた動画が載っています。

つまり言葉だけでは説明できない物を実物を見て理解する授業を行っているのです。
学校でも進学塾でも、体験する学習が少なくなっています。

ただ、特に小学生の時には、五感で学ぶと言う事が重要で、
それによって理解が深まり定着するのです。

このブログの中には、パソコン技術を学ぶ時、文字のテキストと動画説明のどちらがわかりやすいかという問いが書かれています。
ほとんどの人が動画説明と答えるのではないでしょうか。

「百聞は一見に如かず」という言葉がありますが、
見る、実際にやってみると言う事が重要なのです。

これは理科についての事なのですが、他の教科でも同じ事です。
まず図に書いてみる、模型を作るなどの工夫が大切なのです。

 

「算数の難問解法テクニックvol.1」

 

中学受験には難問が多いと言われますが、
その難問は単に「トレーニング」するだけでは解ける様にはならないでしょう。

中学受験の難問を集めた問題集も多く出ていますが、
その難問を繰り返し演習しているだけでは本当の意味で難問を解けるようにはならないのです。

中学受験、特に難関校と言われる中学校の入試については一つのパターンが解ける様になっているだけでは太刀打ちできません。

公式を覚え演習を繰り返してパターンを知ったとしても、
多くの単元が重なってできている問題ばかりなので、
どのパターンの問題なのか、どうやって解けば良いのかと言う事が理解できないのです。

前回中学受験の難問に関しては、まず「理解する」事が重要というお話をしましたが、
そのためにどうやって理解するかと言う事を考えなければなりません。
中学受験専門の進学塾や家庭教師はこういった難問を「基礎から理解する」という学習を行っていますが、DVDで解法を知るという事もできるのではないでしょうか。
「中学受験のための難問解法テクニック[驚異の算数編]~基礎から応用、どんな難問でもスラスラ解ける!~全2枚セット」といDVDがあります。

2枚で10000円ですが、1枚ずつ(5000円)でも購入できます。

vol.1の内容は少数問題を瞬時に解く方法、分解して簡単に解ける整数の計算、必ず得点できる分数の特殊な計算や円の面積の求め方や角度の求め方の裏技、「超簡単!灘の問題が30秒で解ける『円周率の応用part.1』」などとなっています。

 

「難問は覚えるのではなく、理解しよう!」

中学受験の問題は、難問が多い学校、難問は少ない学校など様々です。

その中で志望校の傾向を知り対策を行う事が重要なわけなのですが、
難問がある場合、それを捨てるわけには行きませんので、どうやって克服して行くかと言う事が重要です。
中学受験では、得意な科目を伸ばすより苦手科目をなくす方が有利だと言われています。
特に入試までの時間が短くなればなるほど苦手科目の勉強です。

中学受験、入試まであと半年を切りました。
この夏はとにかく苦手をまず潰さなければなりません。

今回はあと中学受験まであと2ヶ月となった時の理科の勉強法をみつけたのでご紹介します。

2ヶ月前に困らないために夏休みに何をするかも考えながら、
勉強の方法をみつけて行きたいと思います。

教育相談のプロ江川伸二氏の書いたコラムからご紹介します。

まず、2ヶ月前に標準的な問題はできるが難問は苦しいと言う人は・・・
2ヶ月前には最低こうありたいですね。

標準的な問題で手こずるようならこの夏休み、そこは完璧にしておかなければなりません。

ただ、標準的な問題は解けても中学受験では難問もある程度のスピードで解けなければ合格は難しいのです。

また、問題を解いていてわからない場合は、先生に聞く事が重要です。
ただ、この時どこまでがわかってどこからがわからないと言う事が説明できると、より効果的な勉強につながるそうです。
2ヶ月前に標準的な問題も苦しいようでは困ります。
夏休みの間にまずは苦手単元は克服、物理、科学、生物、地学、それぞれの分野の確認をしましょう。

 

 

「触覚を使おう!」

中学受験の難問対策はどのようにやれば成功するでしょうか?

中学受験と言う時期が重要だと言う事をまずは知るべきです。
これは子どもの発達段階によって効果のある勉強法は違ってくると言う事です。

例えば、子どもが興味ある物の名前をどんどん憶えて、
「うちの子は天才?」
と思われた方は少なくないでしょう。

実際子どもの能力は無限大です。

それをどう育てて行くかが問題となるわけです。

中学受験の難問に対抗できる力を身に付けるのも、
小学校低学年の時にどういう学習をするかがカギとなってきます。
もちろん高学年になってでもできないと言うわけではありませんが、
低学年の方が効果が上がりやすいと言う事です。

どういう事かと言えば身体全体を使います。

五感を使った教育については、よく取り沙汰されていますが、
一般的に教育と言う事になると、視覚、聴覚を使っての物が多いでしょう。

特に中学受験の難問にチャレンジすると言う頃には、
ほとんど視覚のみの勉強になる事が多いのではないでしょうか。

ただ、中学受験の難問を解けるようになるために、
難問が解ける脳を作る事を考えてみましょう。

それには触覚をしっかり使う事です。
できれば、嗅覚や味覚も使いたいところですが、
この部分は乳幼児期のお母さんの接し方にかかる部分が大きいので、
またいつかお話ししたいと思います。

触覚については最近iPadなどの「触る」アプリが多く出ているのをご存知でしょうか。
また、3D図形を触って展開図を考える等の物もあります。

算数の図形問題で実際に作ってみる事はアプリでなくてもできますね。

触る事により記憶が強化される事は知られており、
是非試してみたい方法です。